多摩センター周辺@
(LEDの影響)







サンリオピューロランド方面に歩いていくと



レンガのタイルが




  


亀裂が入り割れている箇所が多く

   

はがれたり穴があいてしまっています






線ができたようにタイルが浮き上がり


   

段差ができ、沈下しているのが分かります


  拡大→  


よく見ると、割れたところから溶け始めているようです



   


金属製の手すりは錆びがひどく


   


その下のレンガは変色し、つなぎ目のセメントも溶けてぼろぼろになっています


   


    





硬いとされる花崗岩も割れたり溶けたり、石がなくなっている場所は下のセメントが見えています






拡大





タイルがずらっとなくなって、下のセメントも溶けているようです



驚いたのは



タイルがずれ、この一画が沈下していました




タイルとタイルの間のセメント(もしくは樹脂?)も浮き上がり波打っています



坂になっていて少し下り、上を振り返ると


   

こちらも沈下していて、横のタイルがはがれ、花崗岩がずれて隙間が広くなっています



レンガ造りの花壇も

 拡大→ 

ぼろぼろで、大きく隙間があいています




雨水(LED水)の流れた跡が変色し溶けています





また段差ができていて

   

枯れ葉が入りこんでいるほどの隙間ができています


 拡大→ 


手すりの下のレンガ部分もずれたように亀裂ができ割れて、
片方の落ち込みがみられます




駅前広場にまた戻ります


土台がレンガの街灯は


  


  


土台の設置部分は割れて隙間があき



  

樹脂も割れて穴があき、レンガも溶けています


  




よく見ると

レンガとレンガの間が割れて穴があいて陥没し始めているようです



テナント前の石畳も



離れてみると模様のように見えますが


   


苔が生えて

  

雨のたまりやすい部分が特に石が細かく崩れていて、大きく溶けてしまっているものもみられます





    

雨が流れやすい部分がより錆びて腐食しざらざらになっています



  拡大→ 



   





何か負荷がかかったのでしょうか、

タイルの間のセメントが浮き上がっていました



  


商業施設の階段は


   


  

溶けがひどく


 拡大→ 


レンガに穴があいています





タイルの黒ずみ、変色もひどいです


駅前広場です

  


   



   







散水栓の周りのレンガも溶け始めています


(2017/8/9撮影)



LED照明が使われ、そこにLEDで変質した雨(LED水)が降れば、LEDによる建築物への影響はどこまでも進行するばかりです。LEDの使用をストップすることだけが唯一の解決策です。



多摩センター周辺Aへ











こちらには全国各地のLEDの影響の映像があります
 
ゼロ感性